観葉植物販売トップ

観葉植物販売

カートの中の観葉植物

観葉植物ブログ

観葉植物購入時ヘルプ

観葉植物販売指宿

観葉植物販売リンク

2010年10月アーカイブ


先日、お客様から
「ストレリチア・レギネの葉の片側の縁が縮れている(ギザギザになっている、チリチリになっている)のですが、これは病気だったり、何かの栄養が不足しているのでしょうか?」
というお問い合わせがありました。

実際じっくりと見てみると、どのストレリチア・レギネも片側だけ小さくウェーブしたように縮れています。それも、葉に向かって右側の縁だけ縮れています。葉の一部がギザギザになっているイメージはありましたが、ご質問いただくまで、実はそれほど意識していませんでした。


ストレリチアの葉の縮れ

もしかすると同様にこの葉の縮れがストレリチアにとって悪いことなのかもしれない、とご不安をいただいている方もいらっしゃるかもしれません。ひとまずは、これは、ストレリチアの特徴ですので、ご安心ください。

加えて、なぜこのように縮れてしまうかというと、右側の縁を軸として丸まった状態で葉が出てくるからです。次に出る新しい葉は、今最も新しい葉の葉柄の部分にこのようにギュッと丸まった状態で、葉が出るタイミングを待っているのです。葉脈をはさんで左側の葉の縁は、葉脈も内側に巻き込むため、大きくウェーブしていることが多いと思います。

念のため、ストレリチア・レギネは、株別れを起こし、その前触れとしてこれとは異なる形で葉が縮れることがあります。これとは区別してください。





このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.22-ja