観葉植物販売トップ

観葉植物販売

カートの中の観葉植物

観葉植物ブログ

観葉植物購入時ヘルプ

観葉植物販売指宿

観葉植物販売リンク

2009年11月アーカイブ

珍しいフィカス・アフリカンプリンス珍しいゴムの木 フィカス・アフリカンプリンスをUPしました。

寒さに強く、あまり明るくない場所でも強く育てやすい観葉植物です。

大きく厚い艶のある葉、気根を垂らすその独特の姿は存在感があり、まさにアフリカのプリンスのようです。

 

イランイランの木まだまだあります!好評販売中です。(09/11/9)

人気の観葉植物で、近いうちに売り切れの可能性もあります。ご希望の方はお早めにご注文ください。

イランイランの木の切り戻し(剪定)

ところで、イランイランの育て方について数点・・・

下の方の枝の葉からゆくゆく痛んで落葉し、枝自体も幹から落ちることが多いと思います。特に寒い時期は葉が少なくなります。春〜はまた葉を展開し、成長しますので、それ自体問題ありません。

樹形が崩れたとき、春〜夏ごろ、切り戻しを行うとそこから芽を吹き、樹形が整います。

上の画像のように枝を切り戻しても大丈夫です。主にはカットした部分の枝の最も上の葉の付け根から芽吹きます。・・・切り戻しの基本はこちら。

イランイランの花をつけたいという方も多いと思います。どの植物でもそうですが、この場合は、イランイランをなるべく植え替えしないように、根を詰まらせぎみに育てます。また、なるべく明るい場所(基本的には直射日光でもかまいません。)で育てるようにするといいと思います。うまくいけば年に2回、おそらく不定期に花を咲きます。

 

2枚葉のモンステラ

例えば上のような2枚葉のモンステラ・デリシオーサの場合、次に出る新しい葉は、次のように展開します。まず、2枚の葉のうち、新しい右側の葉の葉柄の根元より、丸まった状態で角状に新しい葉(新芽)が出てきます。そして、下の画像の絵(赤ペン)のように葉を広げます。最初はやわらかく、グリーンも薄いですが、だんだんかたまってきて、グリーンが濃くなります。

 

モンステラの葉の展開

 

新しく出た葉は、最初はその葉柄との角度がほとんどありませんが、下のようにだんだんと角度が大きくなってきます。最初、角度がないのは、新しく、まだ弱い葉を昼間の上からの強い光をまともに受けないよう守っているのかもしれませんね。

 

モンステラの葉の角度

 

冬場でも暖かい部屋であれば葉が展開することも多いです。

古い葉はゆくゆく葉柄ごと横に広がります。たくさん葉がついてしまった場合等、これらは切ってもかまいません。切った方が見栄えがいい場合等もあると思います。また、葉の枚数を少なくすると、新しい葉が展開しやすくもなります。

また、光の方向等でも葉の向きを変える場合もあり、育てる中で姿を変えていきます。上のような朴タイプ(根上がりタイプ)のモンステラを選ぶ上では、今の葉の向き等だけで見るのではなく、今後の葉の展開等も想像して選ぶのもおもしろいかもしれませんね。

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.22-ja